社長夫人の立場は、特別な存在であることを自覚してください。

 

社長夫人という立場、社長夫人という存在は、ある意味で特殊だということを知ってください。

 

そのことに気づいているでしょうか?

 

社長夫人は、役職が何であろうと、大した仕事をしていなくても、週一回しか会社に出なくても、社長夫人というだけで社員にとっては特別な存在なんです。

 

ある種の権限を持ち、影響力を行使できる立場です。

 

社員にとって社長夫人の命令や指示は重いものですし、たまたま会社に出てきて言われたことには・・・「はい、わかりました」と答えざるを得ないのです。

 

社長夫人がそう思っていなくても、社員はそう見ているのです。

 

役職はなくても取締役のような力を持っていることから、私は、冗談半分で「取締役社長夫人」と言ったりします。

 

「大した仕事もしないで、権限を振り回すだけの社長夫人になってはいけません。」という警告を込めての言葉です。

 

社長夫人ということだけで、それだけの権限を持っています。

 

その点では自戒も必要ですが、社長夫人という立場・存在は、それだけで活かし甲斐のある優位な面を持っていることも事実です。

 

例えば、会社の経営に関わるという希有なチャンスを持っていることです。

 

仕事のキャリアや能力に関係なく、経営に間近な位置にいます。

 

その気になれば社長の右腕として力を発揮し、会社を発展させて豊かな人生を手に入れることができます。

 

ここで言う「豊かさ」とは経済的なことよりも、会社経営という貴重な体験が与えてくれる多くの学びと高い社会性、人間として成長のことを指します。

 

会社の事業を介して、社会に貢献することもできます。

 

経営に参加して、社員よりダイレクトに社会に貢献でき、実感できます。

 

 

熾烈なビジネスの場で、会社を支え業績を伸ばすことができれば、他では味わえないような達成感、充実感を得られることでしょう。

 

社長夫人の成長が、社長を変え、会社を変えることもあります。

 

苦労も大きい代わりに、得られるものも大きいのが、社長夫人の醍醐味です。

ネットでも学べる特別講座

これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!