社長夫人に使命感と意思があれば道は開ける

社長夫人の皆さん、経営陣のひとりとしてもっと会社の経営に関わりましょう。

あなたが自分自身を変えれば、必ず、社長が変わり、会社もよい方向に変わります。

新しくスタートを切る段になって、

「私にここまでできるかしら」

「社長の期待に応えられるだろうか」

と不安に陥る社長夫人は多いでしょう。

社長のパートナーとして会社に関わることは、それなりの責任が伴います。

自分たちの生活だけでなく、社員の生活も左右するのが会社経営というものです。

ことの重大さに気づくと尻込みしたくなるのも無理のない話です。

不安が「自分の能力」についてであれば心配いりません。

大勢の社長夫人を見てきて、私は「社は無限の潜在能力を持っている」と確信しています。

やれば、できるのです。

その原動力になるのが何かと言えば・・・

「社長を助けよう」

「社長の役に立ちたい」

「社員のために何かをしたい」

こんな意思です。

意志を強く持っていれば、必ず道は開けます。

この意思が本物であれば、きっと会社から必要とされるでしょう!

私の願いは・・・

「社長夫妻が価値観を共有し、最後は良かったねと言える人生を歩んでもらいたい」

社長夫人は、夫である社長と人生のみではなく、経営においても最高のパートナーとなりうるのです。

全国から

「役に立ちたいと思っていても、どうしてよいのかわからない」

「意見を言っても聞いてもらえない」

こんな相談がよく寄せられます。

でも、大丈夫です。

心配はいりません。

社長夫人の偉大さは、私が一番知っています。

今日から

「社長夫人が変われば、会社が変わる」

この事実を信じて行動してください。

社長夫人経営塾塾長
矢野千寿