こんにちは、矢野千寿です。

 

実務能力は、基本を大切にし、実践することこそで身につきます!

 

 

これから知識や技能を学ぼうとしている社長夫人の皆さんに、

 

ぜひ、心がけていただきたいことがあります。

 

基本をきちんと学ぶ、ということです。

 

基本を無視したり、中途半端な知識のまま我流に走ることは辞めましょう。

 

我流の経営をしてきたことが多くの中小企業の危機を招いた、と私は考えています。

 

我流はマイナスが大きい。

 

自分たちばかりでなく、社員の生活も左右するのですから、安易な気持ちで取り組むことはできないはずです。

 

退屈でも基本を学ぶ。

 

我流に走らない。

 

それが結局のところ、必要な知識や技術を身につける早道です。

 

経営の知識や方法など学んだことは、自分の会社という現場で活用できないとムダになります。

 

実はこれが一番難しいのです。

 

理屈として頭で理解できても、自分の会社のこととして応用できない。

 

知識が単なる知識のままで終わっているのです。

 

まじめに勉強している人ほど、こういう傾向があります。

 

知識として学ぶだけで頭でっかちになっている。

 

頭に中でだけわかっているけれども、実際には何もできない。

 

わかっているつもりになって勘違いしているのです。

 

こういう人を見ると、「あなたは勉強し過ぎよ」と私は言います。

 

会社という現場で手取り足取り教えてくれる人はいません。

 

学んだことを現場に落とし込めるかどうかは自分自身の問題です。

 

自分の力で何とかしないといけない作業です。

 

必要なのは使命感です。

 

「社長をなんとか助けたい」

 

「会社をよくしたい」

 

「社員にいい暮らしをさせたい」

 

こんな思いです。

 

これが知識を現場に活かそうとする動機になります。

 

ナンバー2を目指す使命感があるなら、努力することです。

 

並大抵のことではありませんが、不可能ではありません。

 

あきらめたり、いい加減なことですませたりすることなく地道に努力を続ければ、必ず道は開けます。