社長夫人は、「出過ぎず、引き過ぎず」が、基本です!

 

経営において、社長と社長夫人の二人三脚は、常に社長が少し前に出てリードし、夫人は社長のやや後ろをピタリとついていくという形が理想です。

 

私は、社長夫人革新講座でこのことを強調しています。

 

二人三脚の成否の鍵を握っていると言ってもいいくらいです。

 

積極的、独立心が強い、まじめといった性格で、しかも聡明な夫人は、とかく出過ぎます。

 

社長を批判したり反発したりもしてしまいます。

 

極端な場合、それを社員の前で公言する夫人もいます。

 

社員を味方につけて、自分が会社を統率しようとする社長夫人もいました。

 

社長夫人が出過ぎると、トップが二人できてしまいます。

 

社員は、困ってしまいます。

 

社員は、どっちの命令を聞けばいいのか迷うことになります。

 

例え夫人の考えや方針が社長より優れていたとしても、決して出過ぎてはいけません。

 

会社のトップはあくまで社長です。

 

そのことを忘れていけないのです。

 

優れたアイデアがあるなら、社長に話して、すり合せをして、最終的には社長のアイデアとして社員に示すのです。

 

我の強い夫人は、これが我慢できません。

 

「私のアイデアなのに」という思いが消せなくて、おもしろくないのです。

 

そして、不満が募ります。

 

考えて欲しいのは、「これまで会社を経営してきたのは社長である」ということです。

 

もし業績がよくないとしても、その中で必死に頑張ってきたのは社長です。

 

それを補佐するのが夫人なのです。

 

そのためのビジネスパートナーです。

 

夫人はあくまでナンバー2なのです。

 

それに、自分の才を誇っても、いずれは底が割れます。

 

「自分が、自分が」と言う人には誰もついていきません。

 

社長の信も得られず、社員からもそっぽを向かれる、ということになりかねないのです。

 

そうなったら惨めでしょう。

 

夫人は、我を殺さなくては、本物のビジネスパートナーにはなれません。

 

不満があっても歯がゆくても、社長を受け入れ、社長についていく。

 

社長夫人にはそれだけの度量が求められます。

 

社長より大きな器が必要なのです。

 

通信講座 社長夫人革新講座~意識改革編~ 準備中