決断の時に社長夫人が、社長の背中を押してあげる場面が多々あります!

 

「大廃業時代」と叫ばれる昨今。

 

弊社でも、事業承継・M&A・廃業などのご相談に応じることがあります。

 

その現場では、社長夫人が社長の背中を押す場面をよく見ます。

 

事業承継の場面では、先代と後継者が方向性の違いで言い争いをしている場面でも、先代と後継者との中に入り、仲裁する社長夫人。

 

M&Aの場合には、長年育ててきた会社や社員、取引先への思いのためになかなか決断できない社長に対して「これまで頑張ってきたじゃないですか!後継者もいない今、年齢的に無理と思います。こんな会社でも興味を持ってくれている会社があるのであれば、引き取ってもらいましょう!」と優しく背中を押す社長夫人。

 

破産の現場では、「資金繰りに苦しめられてきた社長の姿を毎日見ていて、私もつらいです。年金で生活すればいいから・・・もう終わりましょう!」と、これまではワンマン経営を自負し、他人からの進言にも耳を貸さなかった社長に最後の決断を促す社長夫人。

 

社長が急死。そして、葬儀の時に「社長の遺志を継いで、私が後継しますので、今後ともご支援賜りますようにお願いします。」と宣言した社長夫人。

 

これらを目の当たりにするたびに、「最後は、女性の方が肚が座っているな!」と感じます。

 

男性は、いざというときには、とても弱いものです。

 

弊社主催の社長夫人革新講座では、もちろん、これらに対応できるように精神的なことや実務的なことをお伝えしています。

 

しかし、女性には本能的に土壇場に強い部分があると感じます。

 

そんな特性を持っている社長夫人が経営能力を身につけ、ナンバー2として、戦力になれば、会社の発展に寄与することは間違いなしです。

 

社長夫人の皆さん!いざというときに社長の背中を押せる判断力を養ってください!

 

通信講座 社長夫人革新講座~意識改革編~ 準備中