社長夫人の中には、中途半端に会社に関わる方がいます。

それだけはやめてください。

 

社長夫人には、5つのタイプがあります。

 

・積極的経営参加型

会社の経営計画や経営戦略に積極的に関わり、実質的に経営に参加しているタイプ。

肩書きの有無に関わりなく、会社の業務執行の意思決定を担う「取締役」としての役割を果たしている社長夫人です。

 

・自立型

自らが社長として会社を経営しているタイプ。

新事業を担う別会社の経営を任されたり、社長の死や病気などで会社の経営を引き継いだりする場合には、社長夫人が社長となる例が多いものです。

 

・秘書型

仕事に100%関わるのではなく、社長の雑務や社員の福利厚生面、社員の家族への配慮などを担当しているタイプ。

パーティーや会合など公的な場に、社長と一緒に、あるいは社長の代わりにひとりで出席するという大事な役割もあります。

 

・専業主婦(型)

文字通り、会社にいっさい関わらずに家庭を切り盛りしているタイプ。

夫である社長の健康管理や精神的な支えになるなど、間接的な形で会社を支えていると見ることもできます。 

 

さて、この社長夫人のタイプ分けは、社長夫人のあり方を的確に捉えるのに役立ちます。

 

現在、どのタイプであるかがはっきりすれば、課題も見えてきます。

 

現状のタイプで仕事をするにしても、他にやるべきことがないか、何をしたらよいか検討する手がかりになります。

ネットでも学べる特別講座

これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!