社長夫人の力を引き出せるかどうか?社長の意識次第!

こんにちは、矢野千寿です。

 

「社長夫人の潜在的な能力を引き出せるかどうかは、社長の士式がカギを握っています!」

 

「女性には、経営に携わせるのは、無理」

 

「うちの女房は、経営について何も分かっていない!」

 

こんな言葉を社長からよく聞きます。

 

 

これでは、社長夫人を活かすことはできません。

 

 

それでは、何で社長夫人を会社に関わらせているのですか?

 

 

便利だから?

 

人手が足りないから?

 

現金を他人に任せられないから?

 

自分たちの給与を見られたくないから?

 

 

こんな理由で関わらせているとは考えたくありませんが、

 

もし、こんな理由で関わらせているのであれば、残念ですし、もったいないです!

 

 

もう一度、奥さんを見直してください!

 

もっともっと輝けるものを持っていることに気づいてください!

 

 

私は、無限の可能性を秘めている社長夫人を戦力化するために

 

2002年に「社長夫人革新講座」を開講しました。

 

以来、1000名を超える社長夫人が卒業され、活躍されています。

 

 

◆経営分析力で社長に問題解決策を提言!経常利益を25倍に導いた社長夫人

 

◆離婚まで考えた社長夫人が利益2倍の立役者に!

 

◆突然襲った社長(夫)の死!葬儀で事業承継を宣言し、売上2倍に大躍進させた社長夫人

 

◆管理会計を真剣に学び、「次の一手」が見える資料を作成!社長(夫)と共に累積赤字1億円を3年でゼロにした社長夫人

 

◆社長と社長夫人が役割を明確にし、二人三脚で経常利益が10倍に拡大した社長夫人

 

◆粗利益率1%アップ運動の推進役となり、一気に資金繰りを解決した社長夫人

 

◆売上横ばいで連続赤字の中で、管理会計に基づく細かな分析から、経常利益2500万円をたたき出した社長夫人

 

◆煩雑な管理業務を標準化することで、息子(後継者)の嫁へ見事に承継できた社長夫人

 

◆業績悪化で自殺まで考えたが、これまでの自分の言動を反省し、苦境に立たされた(夫)を支えて見事に甦った社長夫人

 

◆医療に専念する院長(夫)の代わりに経営に着手!累積赤字7000万円が1500万円の黒字化にV字回復させた院長夫人

 

◆バラバラだった組織をまとめ上げ、社長の経営方針の浸透を図ったことで、売上2億円から4億円に成長させた社長夫人

 

◆あいまいな立場で身を引く覚悟!自分の役割を明確にしたことで急成長し、別会社の社長に就任した社長夫人

 

◆経営とは距離をとっていた専業主婦!社長(夫)の心労の様子を見て奮起し、今では金融機関から第一事業承継者とまで認められている社長夫人

 

 

もし、奥さんがこんなに活躍してくれたら、ありがたくないですか?

 

上記の社長からもお喜びの声をいただいております。

 

 

女性が、本気で経営を学び、覚悟を決めて働けば、このような結果を残してくれるのです。

 

ただ、これまで社長の学ぶ場はたくさん用意されていましたが、

 

社長夫人が学ぶ場がなかっただけなんです。

 

 

そして、受講される社長夫人の共通の悩みは

 

「社長の役に立ちたいと思っても、どうしたら良いのかわからない!」

 

この悩みを解決してあげたら、必ず会社の起爆剤になります。

 

 

奥さんの能力を信じてあげてください!